第1回にじいのわ

本日、第1回にじいろのわ、を開催しました。

患者さん、ご家族、スタッフごちゃまぜの交流会です。

これまでも半年に一回ほど交流会をやっていたのですが、あまりPRしないせいか、参加者数は限定的でした。それはそれで悪くなくて、少人数でしっかり語り合うという魅力もありました。

ただし、今回、大事なご報告もしたいと思ったので、ちょっと大々的にやろうという話になりました。せっかくやるならば楽しい方がいいですし、一方通行的もよくないと思い、じゃあ、交流できるような内容がいいなということになりました。

そして今日の本番。
みぞれ雪が吹き付ける悪天候にもかかわらず、50名前後の、患者さんやご家族が駆けつけてくださいました。

みんなでへっちょこだんごを作って食べて、繭細工をして見せあいっこして、ウクレレを披露してくださる方もいて、主催者からすれば本当に、本当に良い会でした。

私、医者になって18年になりますが、今日ほど嬉しい一日も記憶にありません。

私はこれまで、患者さんやご家族を助けているんじゃないかという自負も多少ありました。でも、それはほぼ間違いですね。私が支えられているんですよね。

私から診療所の近況報告などもしたのですが、みなさんから温かい拍手もちょうだいできて。現場ではナイショにしてましたが、実は涙が溢れていました。

本当に、縁には恵まれた男です、私は。

患者さんとご家族と、そしてスタッフのために、もっと頑張ります。

さて、私のこの感動、少しは伝わりますでしょうか。。。とにかく嬉しい一日でした。

img_0024

広告

構想実現へ向けてカウントダウン

約5年来の構想がいよいよ実現へ向けて動き出します。

本年7月のスタートを目標に、現在、設計も最終段階に入っています。

順調にいけば、今月、設計が完了し、4,5月に着工、7月完成というスケジュールです。

この構想を、私は通称、ナラティブ構想と呼んでいます。

例えるならば“屋根の付いた公園”、そして”超居心地がよく、かつ便利なフードコート“です。

暮らしの保健室もりおかとカフェを中核に(ここが公園のイメージ)、ひっそりと、医療介護福士事業所、薬局、診療所などを併設させます。

誰もが気軽に集い、縁が紡がれ、繋がりが再創造されてゆくことを願っています。

ここが、私のビジョンの達成のための源泉となります。

ビジョンとは、「年齢や性別、疾患や障害によらず、誰もが、大好きな自宅や地域でいつまでも安心して、楽しく、輝いて暮らし続けられる社会の実現」です。

いよいよです。

この構想をきっかけとして、地域をリノベーションしたいのです。

イノベーションではありません、リノベーションです。

img_9975

念願の認知症セミナーを開催

本日、念願の形式の認知症セミナーを企画、開催できました。

敬愛するお二人とともに、家族と介護と医療の三者のコラボです。
敬愛するお二人とは、きらめきの渡辺さん、そして介護作家のくどひろさんです。

まず、三者がそれぞれの立場からコメントやミニレクチャー。

その後、当初は三者での対談という流れだったのですが、急遽、会場全体での語り合いとしました。
参加者の背景も多彩でしたので、とっても面白い語り合いとなりました。

認知症にかかわるセミナーは数多くあれど、様々な立場の人が一堂に会するという形式は、そうそう見当たりません。

だからといって、どこもやっていないから私たちの企画が素晴らしいと主張するつもりは毛頭ありません。

様々な立場が一斉に揃い、互いの立場を超え、一つの土俵で率直に語り合うことのステキさを強く訴えたいです。

認知症に関わる者同士、立場などを超えて語り合う。

まずここからはじめてみたいです。

きっと、様々な問題の解決への大きな一歩になると思うんです。

img_9988

ブログ・オープン♪

ブログ・オープンしました!

これまで別サイトにて細々とブログをやっていましたが、今回、心機一転、サイトも変えて新しくオープンです。

あらためまして自己紹介です。

松嶋大です。

岩手県盛岡市で診療所や株式会社、一般社団法人を運営しています。

本職は医師で、総合内科をベースに、在宅医療、認知症診療、終末期医療、緩和ケアなどに力を注いでいます。

このブログでは、私の日々の活動、私が日々感じていることなどを、気楽に書いていこうと思います。

どうぞ、末永くよろしくお願いします。