ハグができる関係性

1月22日。

将来のいつか、今日のことを振り返ったとき、きっと、自分にとって金字塔的な日と思うだろう一日。

僕には超えられないと確信していた先輩医師がいる。
沖縄での研修医時代の指導医だ。

いまだ10代の若い女の子が癌で亡くなった。
病院を離れるとき、私たちは玄関で女の子とお母様を見送った。

指導医は、別れ際、悲しみに溢れかえったお母様とハグをした。

衝撃的だったが、ごく自然な光景だった。

悲しみに明け暮れるご家族を、指導医がやさしくハグをする。
悲しみを分けてほしい、悲しみを癒やしたい、指導医のいろいろな思いが光っていた。

医療者と患者(or家族)のハグ。
ハグそのものが日本の文化ではないことはもちろんのこと、一般的に距離感があるこの両者によるハグ。

やはり衝撃的だった。

この衝撃的現場に立ち会えた僕は、後輩研修医や医学生に、「この光景を目に焼き付けておくように」と念を押した。
ここまでの関係性を構築することは容易ではないと思ったからだ。
指導医が指導者たるゆえんと思ったし、医療者という枠組みを超越したことだと確信したから。

今日、僕は、ご家族をお見送りすとき、ご家族とハグをした。
ほぼ、無意識である。

敬愛する指導医に並んだとも、超えたとも、そうは思わない。

しかし、やっと、僕もここまで来れた、それだけは嬉しくなった。

広告

投稿者: 松嶋大

岩手県盛岡市出身。医師。医学博士。ことのはグループ代表。なないろのとびら診療所をはじめ医療介護、食や農業など7事業を展開中。生涯現役かついつまでも安心して暮し続けられる高齢者向け住宅「オークフィールド八幡平」も運営している。信念は「目の前の人に最善を尽くす」で、ビジョン「こころのバリアフリー」の実現に向け日々前進している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中